閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正会社法を確認(その2)-株主総会に関する規律の見直し1
  2. 新型コロナウイルス対策で従業員に出勤停止を命じたら休業手当は支給が必要…
  3. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表
  4. パワハラ対策義務化の確認(その2)
  5. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  6. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  7. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  8. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  9. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  10. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

米国債の格下げ-S&P

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、米国債の長期信用格付けを最高の「トリプルA」から1段階引き下げたと発表しました。

リポートに盛り込まれた将来の米財政赤字額の予想に約2兆ドルの大きなズレがあったということで、米政府がクレームをつけということですが、S&Pはこのズレがなくても格下げに影響はないとしています。仮に影響があったとしても、影響があったとはいえないと思いますが・・・

日銀が為替介入を実施し少し円安になりましたが、徐々に77円代に近づいてきており、介入の影響が打ち消されてしまうのではないかと思います。
日銀はドル買を実施しているので、財政が悪化した国の通貨の保有量を増加させるという結果となり(日本よりはましという考え方はありますが)、皮肉な感じがします。

日本、アメリカ、中国、ヨーロッパ、一番先に本格的な混乱を迎えるのはどこになるのか、あるいは、なんだかんだいってこのまま何も起こらないのか・・・

ただ何かが起こった時に、あたふたしないために何をしておくべきかについては考えておく必要があるのではないかと思います。
住宅ローンを変動金利で組んでいて、固定金利への切り替えを考えたときには8%というようなことになってしまうと致命的です。

週明けの市場に注目です。

日々成長。

関連記事

  1. 期間限定消費税3%UPは悪くないのでは?

  2. 23区格差ー池田利通著

  3. 多数決は正しい?データからは問題なさそうな英国がEUを離脱した今…

  4. 国民負担が少ない東電処理とは(その1)‐経産省 古賀茂明氏

  5. 高福祉=幸せか?(世界一幸せな国デンマークについて)

  6. 2014年賃上げ見込み-定昇込みで2.1%もそれじゃ手取りはマイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,361,249 アクセス
ページ上部へ戻る