閉じる
閉じる
閉じる
  1. EY新日本有限責任監査法人は最近、会計監査人の交代に際し意見を述べるこ…
  2. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  3. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  4. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  5. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  6. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  7. 監査人の交代が3年連続で増加
  8. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  9. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  10. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです

少し前に”平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になっているらしい”で平成31年度税制改正においてストック・オプション税制の拡充がテーマとなっているという旨のT&A masterの記事を紹介しました。

その際は、適用対象はベンチャー企業に限られることになる見込みとされており、「ベンチャー企業」の定義がどうなるか注目されるとされていました。

この続報記事がT&A master No.759に掲載されており、税制適格ストック・オプションの拡充について「本紙取材により、本改正は上場企業を含む全企業を対象として検討されることが確認されている」とされ、適用対象はベンチャー企業に限らない方向で改正が検討されることとなるようです。

前回の記事で、ベンチャー企業の定義は未定とされていたことなどから、「今回の対象範囲や『ベンチャー企業』の定義について質問が寄せられていた」とのことです。

経済産業省の平成31年度税制改正要望では、検討されている拡充がベンチャー支援措置の一つとして位置づけられていたため、適用対象がベンチャー企業に限られる解釈されていましたが、上記の通り、同誌が取材したところによれば全企業が対象となる方向で検討されているとのことで、上場会社にとっても注目の改正となるのではないかと考えられます。

具体的な改正内容としては、税制適格の対象となる付与対象者の範囲への兼業者や出向者等の追加、年間の権利行使価額の上限額を現状の2倍以上への引き上げなどが検討されるとのことです。

関連記事

  1. グループ法人税(その1)-概要

  2. 平成27年度税制改正(その3)ー法人税関連

  3. 自己創設営業権は時価評価対象資産に該当するか?

  4. 交際費と会議費の区分

  5. 質問応答記録書作成マニュアルとは?

  6. ホームページの制作費は資産計上必要か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,608,981 アクセス
ページ上部へ戻る