閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和元年会計士試験の合格率は10.7%-女性合格者の割合は増加傾向?
  2. 消費税、社宅用建物等の取得費の区分誤りに要注意
  3. 米国のFS作成者の75%はのれんの償却に賛成しているらしい
  4. 非喫煙者に限定した求人・採用の可否
  5. キャッシュレス決済ポイント還元と仕入税額控除
  6. トーマスクック社の破綻とKAM
  7. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  8. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  9. 清流監査法人に業務改善命令
  10. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです

少し前に”平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になっているらしい”で平成31年度税制改正においてストック・オプション税制の拡充がテーマとなっているという旨のT&A masterの記事を紹介しました。

その際は、適用対象はベンチャー企業に限られることになる見込みとされており、「ベンチャー企業」の定義がどうなるか注目されるとされていました。

この続報記事がT&A master No.759に掲載されており、税制適格ストック・オプションの拡充について「本紙取材により、本改正は上場企業を含む全企業を対象として検討されることが確認されている」とされ、適用対象はベンチャー企業に限らない方向で改正が検討されることとなるようです。

前回の記事で、ベンチャー企業の定義は未定とされていたことなどから、「今回の対象範囲や『ベンチャー企業』の定義について質問が寄せられていた」とのことです。

経済産業省の平成31年度税制改正要望では、検討されている拡充がベンチャー支援措置の一つとして位置づけられていたため、適用対象がベンチャー企業に限られる解釈されていましたが、上記の通り、同誌が取材したところによれば全企業が対象となる方向で検討されているとのことで、上場会社にとっても注目の改正となるのではないかと考えられます。

具体的な改正内容としては、税制適格の対象となる付与対象者の範囲への兼業者や出向者等の追加、年間の権利行使価額の上限額を現状の2倍以上への引き上げなどが検討されるとのことです。

関連記事

  1. 新規設立海外子会社と云えども子会社の経費を親会社が負担すると危険…

  2. ソフトウエア導入のためのコンサル費用は取得価額?

  3. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異

  4. 資本性借入金を損金算入できるケースが明確に-金融庁が国税庁に確認…

  5. 組織再編の包括的な租税回避防止規定を巡る初の訴訟が来年2月に判決…

  6. 自己創設営業権は時価評価対象資産に該当するか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,895,204 アクセス
ページ上部へ戻る