閉じる
閉じる
閉じる
  1. 無償交付も現物出資型のRSも退職給与としての取扱いは同様
  2. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  3. 内部統制報告制度強化等は先送り
  4. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  5. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  6. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  7. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  8. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  9. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  10. RSは退職給与として損金算入が認められない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです

少し前に”平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になっているらしい”で平成31年度税制改正においてストック・オプション税制の拡充がテーマとなっているという旨のT&A masterの記事を紹介しました。

その際は、適用対象はベンチャー企業に限られることになる見込みとされており、「ベンチャー企業」の定義がどうなるか注目されるとされていました。

この続報記事がT&A master No.759に掲載されており、税制適格ストック・オプションの拡充について「本紙取材により、本改正は上場企業を含む全企業を対象として検討されることが確認されている」とされ、適用対象はベンチャー企業に限らない方向で改正が検討されることとなるようです。

前回の記事で、ベンチャー企業の定義は未定とされていたことなどから、「今回の対象範囲や『ベンチャー企業』の定義について質問が寄せられていた」とのことです。

経済産業省の平成31年度税制改正要望では、検討されている拡充がベンチャー支援措置の一つとして位置づけられていたため、適用対象がベンチャー企業に限られる解釈されていましたが、上記の通り、同誌が取材したところによれば全企業が対象となる方向で検討されているとのことで、上場会社にとっても注目の改正となるのではないかと考えられます。

具体的な改正内容としては、税制適格の対象となる付与対象者の範囲への兼業者や出向者等の追加、年間の権利行使価額の上限額を現状の2倍以上への引き上げなどが検討されるとのことです。

関連記事

  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことに…

  2. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その1)

  3. 平成27年度税制改正(その3)ー法人税関連

  4. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大

  5. 循環取引の税務上の取り扱いとは?

  6. 源泉徴収推計課税の明確化などが図られる-令和2年度改正




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,580,357 アクセス
ページ上部へ戻る