閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい

T&A master No.778に「個人番号照会スキーム、今国会で実現へ」という記事が掲載されていました。

マイナンバー制度の施行日前に証券口座を開設した場合、2018年末までに個人番号を証券会社等に告知する義務が課せられていましたが、証券会社等が個人番号を取得できている率は低率にとどまっているそうです。

それなりの罰則を科して個人番号を告知するように仕向ければよいのではないかという気はしますが、平成31年度税制改正においてマイナンバー法等の改正を前提として、証券保管振替機構(ほふり)が顧客からでなく住基ネットから個人番号をまとめて取得し、証券会社や株式等の発行者(企業)に提供できる仕組みが導入されるとのことです。

そして、「税務当局(税務署及び地方自治体)は、ほふりを経由して株式等の発行者(企業)及び口座管理機関(証券会社等)において顧客の個人番号が共有できるようになるとともに、ほふりや証券会社等に個人番号とともに納税者に関する情報照会を行えるようになる」とのことです。

なお、関連法案は2020年4月1日から施行されるとされています。

関連記事

  1. 領収書を電子メールで交付した場合の印紙税

  2. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?(追記)

  3. 平成27年度税制改正大綱(その2)-繰越欠損金控除限度の引き下げ…

  4. 過年度遡及修正と税務の関係

  5. 源泉所得税の納付が過少だったら???

  6. 損害賠償金の税務上の取扱い(その2)-不正行為による従業員等への…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,545,678 アクセス

ページ上部へ戻る