閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい

T&A master No.778に「個人番号照会スキーム、今国会で実現へ」という記事が掲載されていました。

マイナンバー制度の施行日前に証券口座を開設した場合、2018年末までに個人番号を証券会社等に告知する義務が課せられていましたが、証券会社等が個人番号を取得できている率は低率にとどまっているそうです。

それなりの罰則を科して個人番号を告知するように仕向ければよいのではないかという気はしますが、平成31年度税制改正においてマイナンバー法等の改正を前提として、証券保管振替機構(ほふり)が顧客からでなく住基ネットから個人番号をまとめて取得し、証券会社や株式等の発行者(企業)に提供できる仕組みが導入されるとのことです。

そして、「税務当局(税務署及び地方自治体)は、ほふりを経由して株式等の発行者(企業)及び口座管理機関(証券会社等)において顧客の個人番号が共有できるようになるとともに、ほふりや証券会社等に個人番号とともに納税者に関する情報照会を行えるようになる」とのことです。

なお、関連法案は2020年4月1日から施行されるとされています。

関連記事

  1. 自己株式立会外買付取引を利用した株式の売却は「みなし配当」の適用…

  2. 法人契約の損害保険から受け取った保険金を従業員へ支払った場合の課…

  3. 「国税当局内で使われる隠語集」とは

  4. 税理士の懲戒処分は3割が名義貸し

  5. 社員旅行費用の税務上の取扱い

  6. 税金の滞納残高は14年連続で減少-国税庁発表

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,422,767 アクセス
ページ上部へ戻る