閉じる
閉じる
閉じる
  1. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  2. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  3. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  4. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  5. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  6. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  7. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  8. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  9. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  10. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい

T&A master No.778に「個人番号照会スキーム、今国会で実現へ」という記事が掲載されていました。

マイナンバー制度の施行日前に証券口座を開設した場合、2018年末までに個人番号を証券会社等に告知する義務が課せられていましたが、証券会社等が個人番号を取得できている率は低率にとどまっているそうです。

それなりの罰則を科して個人番号を告知するように仕向ければよいのではないかという気はしますが、平成31年度税制改正においてマイナンバー法等の改正を前提として、証券保管振替機構(ほふり)が顧客からでなく住基ネットから個人番号をまとめて取得し、証券会社や株式等の発行者(企業)に提供できる仕組みが導入されるとのことです。

そして、「税務当局(税務署及び地方自治体)は、ほふりを経由して株式等の発行者(企業)及び口座管理機関(証券会社等)において顧客の個人番号が共有できるようになるとともに、ほふりや証券会社等に個人番号とともに納税者に関する情報照会を行えるようになる」とのことです。

なお、関連法案は2020年4月1日から施行されるとされています。

関連記事

  1. 所得拡大促進税制の確認(その1)

  2. 100%子会社株式の評価損に対する税効果(グループ法人税)

  3. 金融庁が創設を要望したジュニアNISAとは?

  4. 事業所税の確認(その4)-従業者割

  5. 税務当局がマークする電子商取引とは?

  6. 法人税申告書勘定科目内訳明細書の作り方(その2)-仮払金・貸付金…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,402,910 アクセス
ページ上部へ戻る