閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  2. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  3. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  4. 短期前払費用特例適用の留意点
  5. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  6. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  7. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  8. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  9. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  10. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例

会社情報適時開示ガイドブックが改正されて以降、「会計監査人の異動に関するお知らせ」が適時開示されていると、どんな理由が開示されているのかできるだけ確認するようにしていますが、本日(株)MORESCOが適時開示を行った「会計監査人の異動に関するお知らせ」には以下のように異動理由が記載されています。

当社は、監査役会が「会計監査人の解任・不再任の決定方針」において、会計監査人の継続監査期間を原則最大10年とすることを2019年2月に定めたことに伴い、会計監査人を見直すこととしました。

現時点の会計監査人はトーマツですが、継続監査期間が12年となっているため、上記の方針に基づき、次の総会で太陽を選任するとのことです。

明確に何年と決めているというような事例を見たことはなかったのですが、今後はこうした事例も増えてくるのかもしれません。

ちなみにこのような会社で監査役の継続任期はどうなっているのだろうかと2018年2月期の有報で確認してみると、監査役は4名選任されており、社外監査役のうち1名は前期の総会終結時で継続任期が14年となっていました。

監査役の任期は4年ですし、会計監査人と社外監査役の継続任期の考え方はそれぞれ違っても問題はないですが、会計監査人の任期が継続しているといってもサインしている会計士は通常5年程度で変わっていることを考慮すると、2期8年位までが無難かなと個人的には考えています。

関連記事

  1. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい

  2. 監査人交代時の開示の充実化を検討

  3. 上場企業の約4%が不正関連で適時開示を行っている?

  4. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み

  5. 「包括利益の表示に関する会計基準」改正の公開草案が公表されました…

  6. 平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その1)-非財務情報…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,303,526 アクセス
ページ上部へ戻る