閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例

会社情報適時開示ガイドブックが改正されて以降、「会計監査人の異動に関するお知らせ」が適時開示されていると、どんな理由が開示されているのかできるだけ確認するようにしていますが、本日(株)MORESCOが適時開示を行った「会計監査人の異動に関するお知らせ」には以下のように異動理由が記載されています。

当社は、監査役会が「会計監査人の解任・不再任の決定方針」において、会計監査人の継続監査期間を原則最大10年とすることを2019年2月に定めたことに伴い、会計監査人を見直すこととしました。

現時点の会計監査人はトーマツですが、継続監査期間が12年となっているため、上記の方針に基づき、次の総会で太陽を選任するとのことです。

明確に何年と決めているというような事例を見たことはなかったのですが、今後はこうした事例も増えてくるのかもしれません。

ちなみにこのような会社で監査役の継続任期はどうなっているのだろうかと2018年2月期の有報で確認してみると、監査役は4名選任されており、社外監査役のうち1名は前期の総会終結時で継続任期が14年となっていました。

監査役の任期は4年ですし、会計監査人と社外監査役の継続任期の考え方はそれぞれ違っても問題はないですが、会計監査人の任期が継続しているといってもサインしている会計士は通常5年程度で変わっていることを考慮すると、2期8年位までが無難かなと個人的には考えています。

関連記事

  1. 前受収益に適用されるのは正常営業循環基準 or 1年基準

  2. 一般事業会社が貸手として貸出コミットメント契約を締結していた場合…

  3. 単体開示の簡素化(その2)-平成26年3月期より

  4. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  5. 遡及修正の原則的取扱いが実務上不可能な開示例ー平成24年3月期い…

  6. 決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,800,854 アクセス
ページ上部へ戻る