閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

まとめ買いしたマスク等の損金算入時期

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、出社しなければならない従業員等のために感染予防のためのマスク等を調達した会社も多かったのではないかと思います。

4月の下旬になり、50枚で4000円程度を覚悟すれば、それなりに調達可能な状況になっているようで、法人向けに販促品としてどうですかみたいな営業もあると聞いています。数ヶ月前の価格を考えてしまうと、個人としては釈然としないものの、会社としては、出勤せざるを得ない従業員の安全対策上、多少価格が高くてもマスクや消毒液等の手配を行うほかありません。

この場合、元々価格も値上がっているうえ、手配できるときに手配しておこうという心理が働くこともあり、マスクや消毒液の購入代金は結構な金額となってしまうのではないかと考えられます。

当然のことながら、購入したマスクの大部分は備蓄品となり、徐々に消費されていくこととなります。3月決算会社が3月中にマスク等を購入し、期末日時点で、大部分が備蓄品の状態にある場合、普通に考えると貯蔵品等として資産計上することが必要ということになると思います。

しかしながら、「原則的な取扱いとは異なり、企業が、新型コロナウイルス感染症の感染を防止等するために購入したマスクや消毒剤の費用は、未使用分(備蓄分)の費用を含めて、購入時に一括で損金算入して問題ない」とのことです(税務通信3603号ショウ・ウインドウ)。

税務通信の記事では、国税庁が示している質疑応答事例「非常用食料品の取り扱い」が参考になるとし、この質疑応答事例では、非常用食料品の購入費用は、備蓄(購入)時に”使用”したものとして、購入時に一括で損金算入することができることが示されています。

この事例を参考に上記記事では、”新型コロナウイルス感染症拡大に備えて購入したマスク等の費用も、災害に備えて購入した非常用食料品の費用に類似するものといえ、購入時に一時の損金として処理しても、何ら違和感はないだろう”とされています。

というわけで、新型コロナウイルス感染症の感染を防止等するために購入したマスクや消毒剤の費用は、購入時に一括損金算入して問題ないということでした。

関連記事

  1. 子会社の清算に伴う債権放棄・現物分配・株式消却損

  2. 繰延税金資産は税務調査でも注目される?

  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)

  4. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(その2)

  5. 東京都の時短協力金の収益計上は交付決定通知時だそうです。

  6. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,144,978 アクセス
ページ上部へ戻る