閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

フリーランスの立替経費精算ー宛名なしのタクシー領収書は源泉必要

税務通信3619号の税務の動向で、依頼者負担のフリーランス等の旅費交通費にかかかる源泉徴収のQ&Aが掲載されていました。

私に限らず多くの方が注目しているようで、問合せが多くあったとされる項目がQ&A形式で解説されいました。

フリーランス等への立替経費の源泉ー直接払いと同視できれば問題ないと国税庁“で取り上げたとおり、会社宛の領収書に基づき精算するケースは、会社が交通機関等に直接支払うケースと同視して、源泉徴収不要と取り扱うことが可能とさされています。

まず、この記事のQ2は「上様」宛の領収書に基づいて精算する場合は源泉徴収が必要か?というものでした。前回の記事において”「個人(フリーランス等)宛ての領収書」を受け取って精算するケースは、宛名が会社となっていない以上、“会社が交通機関等に 直接 支払うケース”とは同視できないことになる”とされていたことから想像できるとおり、答えは、「原則どおり、源泉徴収の対象となる」というものでした。

次にQ3で取り上げられていたのでは、タクシーの利用等に受ける「宛名のない領収書」に基づき精算するケースについても源泉徴収が必要かというものです。

タクシーについては、領収書をもらう場合、メータ側についているプリンターから出力されるレシートタイプのものをもらうのが普通です。宛名の記入を依頼すれば手書きの領収書の用意もあるのかもしれませんが、タクシーを降りる場所によっては速やかに降りないと迷惑であるというようなこともありますし、手書きの領収書を依頼するのは手間がかかります。

しかしながら、こちらも結論としては”原則通り源泉徴収の対象となる”とされています。個人的には上記のような状況を勘案すると、宛名入りの領収書がなければ源泉徴収の対象とするというのは厳しいなと思うものの、源泉徴収漏れを指摘されるのは会社ですので、会社としてはフリーランス等から立替経費分として通常のレシートタイプの領収書が提出されても、宛名がなければ源泉徴収するしかないと考えられます。

JapanTaxiのアプリを使用すれば、WEBで宛名を指定して領収書を発行できるようですので、今後はますますこのようなアプリの利用が増えていくのかもしれません。

関連記事

  1. 海外出向者に関わる税務(その1)

  2. 扶養控除等申告書におけるマイナンバーの取扱い(その5)-新たに認…

  3. 未払残業代の税務処理

  4. 海外出向者に対して交差補填金として支給される留守宅手当と源泉徴収…

  5. 事業所得の損失と給与所得は損益通算できる?

  6. 確定申告の時期ですが、電商チームの調査があることを意識しましょう…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,989,304 アクセス
ページ上部へ戻る