閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2021年4月1日から総額表示への切替えはそれほど厳格に求められないらしい

2021年3月末をもって消費税転嫁対策特別措置法に基づく「総額表示義務の特例」が期限切れとなり、2021年4月1日からは従来「総額表示義務の特例」で対応していた事業者にも消費税の総額表示義務(消費税法63条)に対応する必要が生じます。

この取扱い自体は、昨年9月に”総額表示義務特例が今年度末で期限切れ”で取上げたT&A masterの記事で「政府は適用期限を延長をしない方向で検討している」とされていたとおりであり、予定通りといえますが、当時は緊急事態宣言の再発令はないだろうという見方が大勢でした。一方で、実際は再度緊急事態宣言が発令され、感染者数の状況によって期間が延長されることが予想されています。

あまり考えたくはありませんが、場合によっては3月末まで一部の地域では緊急事態宣言が解除されないという可能性もないとはいえません。

このような状況下で、経過措置や猶予措置なしで4月1日から消費税の総額表示義務に対応しなければならないというのは、特に中堅以下の小売業においては酷ともいえます。

しかしながら、T&A master No.866に掲載されていた「コロナ禍における消費税の総額表示対応」によると、同誌が取材したところによると、「執行上は令和3年4月1日を境とした厳格な切りかえまでは求められない模様だ。元々、総額表示義務には消費税法上の罰則義務もない上、コロナ禍、しかも緊急事態宣言が発せられている状況の中、値札の貼り替え等の作業を強いるのは酷だろう」とされ、「徐々に総額表示に切替えていくような対応も事実上許容されることになろう」とのことです。

消費税法上は2021年4月1日から総額表示義務の適用をうけることとなるわけですので、気長に対応して良いというわけではありませんが、コロナ禍で3月末頃に人海戦術で値札の貼り替え等を考えている場合には、検討の余地はあるようです。

関連記事

  1. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その1)

  2. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その1)

  3. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)

  4. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁

  5. 消費税転嫁対策法による転嫁拒否とは(その2)?

  6. 売手負担の振込手数料-メールによる簡素な対応も可能なようです




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る