閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  2. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  4. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  5. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  6. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  7. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  8. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  9. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  10. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

保険金の遅延利息と源泉税

今回は保険金が支払われるときに生じることがある遅延利息についてです。

会社が従業員に掛けていた保険金が会社に支払われる際に、保険金とは別に遅延利息が発生することがあります。

生命保険会社によって異なることがあるのかもしれませんが、多くの場合、保険給付については「死亡保険金などのご請求があった場合、当社は請求書類が当社に到着した日の翌日から起算して5営業日以内に死亡保険金などをお支払いします。」というような取り決めになっているようです。

そして、この約款で定められている期間を超えて保険金が支払われたような場合(被保険者が協力しないことによるような場合を除く)には、期限を超えた期間について遅延利息が支払われるという仕組みになっています。

遅延利息の金額については、保険金が支払われる際に保険会社から送付されてくる案内に明記されているので把握できるのですが、具体的な計算根拠は明示されていないことが多いようです。

そのため、この利息は源泉後の金額なのだろうかという点と、遅延利息の計算に適用されている利率はそもそも何%なのだろうかという点を疑問に感じました。

約款を見てみましたが、遅延利息を計算する利率がどう決定されるのかについては特に書かれていないようでした。

そこで、上記のとおり遅延利息は約款で定められた期限を超過した日数に対して支払われるものであることは確かなようですので、逆算してみると源泉はなく、適用されている利率は6%というのがいくつかのサンプルから導き出された答えでした。

どうやら商事法定利息(6%)が適用されているということのようです。確かに、商行為によって生じた債務については、別段の定めがなければ商事法定利息が適用されるというのが原則(商法514条)ですから、いわれてみれば当然といえます。

金額的に重要性は乏しいものですが、疑問が一つ解消されました。

日々成長

関連記事

  1. 会社役員賠償責任保険と費用負担

  2. 税理士試験受験申込者数減少傾向が止まりません

  3. 2015年4月(予定)からイギリスがタックスヘイブン対策税制対象…

  4. 全体の法人数は減少も連結納税適用法人は急増-平成23年度会社標本…

  5. 決算賞与の損金算入―賃金規程にも注意!

  6. 震災特例法による法人税の繰り還付と会計処理

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,371,971 アクセス

ページ上部へ戻る