閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  2. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  3. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  4. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  5. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  6. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  7. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  8. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  9. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  10. テレワーク導入費用の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

地方法人税の還付請求失念に要注意

税務通信3551号の税務の動向に「欠損金の繰戻し還付 地方法人税の還付請求の失念に注意」という記事が掲載されていました。

全く気にしていませんでしたが、「実務上は、地方法人税の還付に自動で対応する会計ソフトは少ないため、法人税の還付請求を失念しているケースが散見されるようだ」とのことです。

当期(欠損事業年度)に欠損金額が生じた中小企業者等(青色申告法人)は、その欠損金額を前期(還付所得事業年度)に繰り戻して法人税額の還付を請求することができ、この場合、法人税申告書別表一(一)の27欄の外書きに還付金額を記載することが必要とされています。

また、同制度の適用がある場合には、地方法人税の還付も受けることができ、この場合には、別表一(一)の「45欄 この申告による還付金額」の外書きに、還付を受ける金額を記載することが必要とされています。

ところが、「多くの会計ソフトでは、法人税の還付金額と地方法人税の還付金額が連動して計算されない仕組みとなっている」ことにより、地方法人税の還付を受けていない中小企業者等が相当数あるものと考えられているようだとのことです。

これから3月決算の確定申告で繰戻還付を受ける場合はもちろんのこと、直近で繰戻還付を受けているような場合には、改めて確認してみるとよいと思われます。

関連記事

  1. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(最終回)

  2. 法人の保有する仮想通貨-法人税上は期末時価評価不要

  3. 平成27年度税制改正(その1)ー法人税関連

  4. 給与較差補填で否認を受けることがないようにするには(その2)

  5. DES方式と清算方式で課税関係は大きく異なる可能性があるので注意…

  6. まとめ買いしたマスク等の損金算入時期

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,268,454 アクセス

ページ上部へ戻る