閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

地方法人税の還付請求失念に要注意

税務通信3551号の税務の動向に「欠損金の繰戻し還付 地方法人税の還付請求の失念に注意」という記事が掲載されていました。

全く気にしていませんでしたが、「実務上は、地方法人税の還付に自動で対応する会計ソフトは少ないため、法人税の還付請求を失念しているケースが散見されるようだ」とのことです。

当期(欠損事業年度)に欠損金額が生じた中小企業者等(青色申告法人)は、その欠損金額を前期(還付所得事業年度)に繰り戻して法人税額の還付を請求することができ、この場合、法人税申告書別表一(一)の27欄の外書きに還付金額を記載することが必要とされています。

また、同制度の適用がある場合には、地方法人税の還付も受けることができ、この場合には、別表一(一)の「45欄 この申告による還付金額」の外書きに、還付を受ける金額を記載することが必要とされています。

ところが、「多くの会計ソフトでは、法人税の還付金額と地方法人税の還付金額が連動して計算されない仕組みとなっている」ことにより、地方法人税の還付を受けていない中小企業者等が相当数あるものと考えられているようだとのことです。

これから3月決算の確定申告で繰戻還付を受ける場合はもちろんのこと、直近で繰戻還付を受けているような場合には、改めて確認してみるとよいと思われます。

関連記事

  1. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意

  2. 平成25年度税制改正によるグリーン投資減税の改正

  3. 単なる計上漏れの前期損益修正の損金算入は認められず

  4. 電話加入権は休止状態から10年で自動解約されるそうです

  5. 接待飲食費に関するFAQ(国税庁)の確認(その2)

  6. 従業員が不正に受領したリベートの帰属の帰属-平成24年2月29日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,800,854 アクセス
ページ上部へ戻る